建機の買取でコスト削減~旧機は処分せず資金に変えよう~

動いてないなら買取ります♪12:57 2015/07/09

買い換えと売却

重機のこれまでと現在

イラスト

建設現場、土木現場などの工事現場で用いられる油圧ショベル(ショベルカー)やクレーン車といった建機は、産業機械の一つとして発達してきました。第一次世界大戦の終わりごろにはその原型が現れたとされています。その後、第二次世界大戦後や大震災からの復興の際に、人手では困難な作業の機械化が求められるなど、活躍をみせるようになります。建設機械は次第に、製鉄所やリサイクル業など様々な業種で利用されるようになりました。現在、公共事業のコスト削減が求められる中、国内での建設機械の需要が減少傾向を見せています。一方では海外での需要の高まりが強く、買取業者は国内で買取した建設機械を北米を中心に販売、レンタルする動きが活発です。

重機の需要は国内と海外で異なる傾向

建設機械の国内での需要は、震災復興や政府の安定した建設投資により増加傾向を示す機種も多いのですが、油圧ショベルの需要に関しては減少する傾向です。その背景には、2011年次の排ガス規制の生産猶予期限が終了したことが挙げられ、それに伴い旧型機の需要が落ちたためです。その影響を受け、2014年の国内出荷は減少、今後この状態が続くと見込まれます。建設機械の国内出荷が減少するのとは対照的に海外への輸出は好調です。北米や欧州、アジアなどを中心とした重機の需要は高く、輸出増が見込まれています。今後もこの傾向が続くと予測され、国内では建設機械を国内で買取り、海外に転売する建設機械の買取業が活発になると見込まれます。

コンテンツ

不要となった電動工具

電動ドリル

電動工具は古くなったものを処分してしまうともったい無いです。新型へ買い換えるためにも、電動工具の古い型は買取依頼で売却してお金に変える方は、より前向きで建設的といえます。

詳しく

家庭でも使える

男性

家庭でもよく使われる建設機械の一つにコンプレッサーがあります。コンプレッサーは現在人気の建設機械になっており、買取価格も上昇傾向にあります。そのため、古いコンプレッサーは売却してしまいましょう。

詳しく

買取のサービス

作業員

電動工具は不要になったら処分するのが懸命な判断と言えます。その際に利用できるサービスが幾つかあり、より便利になってきています。その一つとして、出張買取サービスがあります。

詳しく